緊急事態に対する活動です。

【活動】

医療現場の視点から、事実にもとづくシンプルな<メッセージ>と、必要な<行動の提案>を広く、東京都内に発信する。
そのことで、まず、日本を代表して、東京都をコロナ収束させる。

【コンセプト】

発起人である、弊社代表の加藤は、医療従事者の側近(一般人)として知りえる事実や事象から、広告制作クリエイ ティブで鍛えた「伝える力」で、Facebookで友達限定で、メッセージ共有をしてきました。
多くのつながりあるお友達から「役に立つ、生の情報をありがとう!」との声がありました。

そして、ふと思いました。「これは、私が一人で、ちまちまやっている場合ではないのでは?」と。
さらに、とある先輩(柴垣さん)の活動を拝見して考えました。
「もっと影響力を発揮するかたちで、やれるのでは!?」と。

政府や自治体からの発信では、メッセージ伝達力が弱すぎる。ましてや、テレビ、ことワイドショーは全く役にたっていない(批判ですみません)。
まともなニュースでも、タイムラグが約1週間ある(体感値) *ただし、NHKはとてもまとも!

そこで、情報ソースの医療現場と、メッセージを伝える技術を持っているクリエーターとが連携することで、発信レベルをあげる、ということを考えました。

つきましては、活動に賛同いただける<ご賛同者>を募ります。

ただし、発起人加藤の直のお知り合いか、そのもう一つ先までのご紹介の縁までとします。

どうぞ、よろしくお願いいたします。
株式会社Loophole japan 代表取締役 加藤じゅういち

【募集内容】

1.医療従事者もしくはそのご家族などの側近

●情報のご提供・共有をお願いします。事実の収集が必要です。情報に対してヒアリングのプロがお話しを電話やテレビ会議などで聞かせていただきます。

*一般に発信する際は、発信元は特定できないようにいたします。

2.クリエーター

●映像作れる方(3名ほど)
●イラストレーター(3名ほど)
●Web作れる人(ワードプレス1名、デザイン軽く出来るコーダー1名)
●仕事の早いコピーライター(3名ほど)

*実績、作品をお知らせいただきます。

*出資者があらわれるまではボランティアでのお願いになります。

3.出資いただける方

●Webサイトや情報共有の仕組みに対するプログラミングなどの作成に関わる、クリエーターへの報酬を発生させたいです。私にはそこまでの財力がありません。5千円から500万円まで、出資をいただける方を受け付けさせていただきます。出資いただいた資金は全て透明に情報共有します。

【参加表明の方法】

こちらのフォームからエントリーください。
エントリー後、弊社代表の加藤と10分程度、テレビ会議でご挨拶と概要のご説明をさせていただき、専用のFacebookコミュニティ、LINE、メール配信などへ、それぞれご招待して、定例のテレビ会議をzoomで開催します。

【アウトプット】

拡散シェアしやすいように、以下を予定しています。

1. 短いメッセージ動画
2. 見やすいマンガ動画
3. 一言メッセージ(静止画とキャッチコピー)
4. 専用のホームページ、LINEなどのSNSの設置